ヒルズマルシェレポート2017年09月

2017年9月30日(土):ヒルズマルシェ

1シーズンに一度開催される「フルールマルシェ」との併催マルシェ。会場の約半分がお花のお店で埋められ、会場はぐっと華やかに彩られました。

お花の生産者さん、老舗のお花屋さん、お花にまつわるワークショップまで、まさに花盛り。珍しいお花もたくさんあって「これは、どう育てるの?」「どのくらい楽しめるのかしら」など、お店の方とお客様の会話もあちらこちらで弾んでいました。

ちょっと変わったお店では「こじこじ」さんという"植物がテクテク歩いているような陶器"の作品を作っている作家さんのお店があるのですが、不思議で可愛らしくて老若男女問わず人気です。

次回はフルールマルシェ冬の回、12月2日(土)に開催します!

2017年9月26日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

秋晴れといえる、外で過ごすのが気持ちのよいマルシェ日和でした。

秋の果物が勢ぞろいというくらい店頭に並んだ「はるセレクション」さんでは、早々に売り切れの商品もでて盛況でした。

洋ナシ・豊水・二十世紀・リンゴ・ブドウ・とっても珍しい黄色いプラム、農薬を使っていない野菜にこだわって販売している「伝」さんには、生栗もでました。

また、いつもは調味料がイチオシの「東京胡麻産業」さんからは"幻の枝豆"という、なんとも魅かれるキャッチコピーの枝豆も。夏の名残も秋の出始めも楽しめるマルシェとなりました。

2017年9月23日(土):ヒルズマルシェ8周年"大収穫祭"

ヒルズマルシェ8周年記念大収穫祭開催!予想をはるかに超えるお客様にお越しいただき、お買い物ラリープレゼント企画にたくさんの方にご参加いただきました。

また、マルシェ食材を使った限定メニューも、キッチンカー・アークヒルズカフェさんともに早々に売り切れてしまい、大変な人気ぶり。

毎月マルシェで演奏くださっている『朝クラ』さんも、お祝い特別バージョンの曲目を披露くださり、大変豪華な雰囲気に包まれました。

全国から40人以上の農家さんが集まった会場は見ごたえ・楽しみ甲斐のあるマルシェになっていたようです。お客様に寄せ書きもいただき、ありがたいお言葉を励みに、さらに頑張っていこうという気持ちを新たにしました。

2017年9月19日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

秋の色が濃くなってきました。

全国から店主のおめがねに叶った野菜だけを取り扱う「伝」さんからは、"栗"や"食用ほおずき"など、食のアンテナに敏感な人なら必ずチェックする新アイテムが登場。

お花屋さんからは、秋の代表"コスモス"がお目見え。可憐な花びらにも色々な種類があって、見ていて飽きません。

毎回大人気の果物は、この日でプラムはなんと終了でした。これからは、ブドウやナシ、リンゴや柑橘が次々と出てきますよ。お楽しみも季節と共にどんどん変化するマルシェです。

2017年9月17日(日):ヒルズマルシェ<アークヒルズ秋祭り同時開催>

日曜は台風の影響で一日中、生憎の雨模様。マルシェ出店者は少人数になりましたが、それでも秋の味覚からファッションまでお楽しみいただけるラインナップで元気に販売しました。

この日が今年最終販売となった、長野県原村のトウモロコシや、山梨県南アルプス市の9種類そろったブドウ、イチジクを使ったタルトや、秋田のお米でつくったアラレ、カラフルな生地やファーの手作りポーチなど、お客様もミニマルシェを堪能してくださいました。

秋祭りのメインイベントである本丸の氷川神社神輿が、雨にも負けない熱気で会場を包み、さらにお祭りの醍醐味をお客様と一緒に味わうことができました。

2017年9月16日(土):ヒルズマルシェ<アークヒルズ秋祭り同時開催>

年に一度のアークヒルズ秋祭りとの併催マルシェ。お祭りムードの中、大変たくさんのお客様にご来場いただきました。

マルシェではブドウ狩り体験のできるワークショップをご用意し、小さなお子様から大人の方まで幅広い層の皆様に、ブドウ狩り疑似体験をお楽しみいただきました。このブドウ狩り体験、実際に生産者さんが使っているプロ用のハサミを使って、ブドウの枝をチョキチョキ切っていくのですが、思わず真剣になってしまう面白さ。

お祭り会場では、土曜日には"こども神輿"が会場内を練り歩き、元気にお祭りを盛り上げていて、マルシェの方まで賑やかな声が響いていました。

2017年9月12日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

季節の変わり目は、夏と秋の味覚を両方を楽しめるのでお得感満載です。

初物の洋ナシはトロ~リとろける甘さ、シャキっとした食感がお好きな方には幸水をご用意。香りがよくって瑞々しくて、口いっぱいに広がるジュースがたまりません。

その隣では、桃もまだまだ楽しめます。固めの品種と柔らかめ品種がありますので、こちらもお好みでお選びできますよ。

そろそろイモやカボチャもでてくる季節。手作りでポタージュにすると絶品の美味しさですが、時間の方にはレトルトでも立派に美味しい北海道のスープを。牛乳や豆乳をくわえて温めるだけで、素材の味を楽しめる一品のできあがり!

2017年9月 9日(土):ヒルズマルシェ

先週に引き続き、秋になってカムバックしてくれた出店者さんのご紹介「Andiamo al parco」さん。今秋、目にすることも多いファーがついたポーチやバックがたくさん。

また、新作生地の重厚感あるデザインも素敵で、リピーターのお客様ともお久しぶりのご挨拶とともに、今年の新作について話しに花が咲いていました。

食品のほうでも「さがみこ有機畑」さんのカラトリ芋が密かに大人気。一度食べると必ずまた買われるコアなファンが多いのですが、見た目は何かわからないような風貌。ですが、根の部分はお芋のように食べて、茎の部分もまたシャキシャキして美味しいのです。これは、新たな美味しさの発見になりますよ。

2017年9月 5日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

9月に入り、少し過ごしやすくなってきた屋外マルシェでは野菜・果物・野菜と相性のいいアイテムも色々と揃いました。

初出店の「Dressing Sisters」さんは、完全無添加ホームメイド生ドレッシングを販売していて "カシス&チアシード" "カボス&ハーブ" "シトラス&チリ"など、珍しい味のドレッシングがたくさん。一度購入された方は必ずリピートくださる体に良いプラス味も美味しい自信のある商品です。

また、これも大変珍しい国産の"レモンの蜂蜜"、"アンズのシロップ漬け"など目移りする商品がたくさん。

来週末のアークヒルズ秋祭りにも出店しますので、気になる方は是非お越しくださいね。

2017年9月 2日(土):ヒルズマルシェ

9月に入り「江戸前漁師を元気にする会」さんが戻ってきました。

お馴染みのお客様との久々の顔合わせで、またお馴染みの"ホンビノス貝"をご購入いただくなど、いつものやり取りが再開。江戸前さんは、マルシェでは珍しい海産物を売っているお店で、小魚の酢締めや燻製なども売っているんですよ。すぐに食べられる手軽な商品ばかりなので、魚不足の生活にはオススメです。

また、奄美大島の"島バナナ""マンゴー"が初お目見え!バナナはあっという間にご予約でいっぱいになってしまいました。

「さがみこ有機畑」さんからは、青森のリンゴがオススメで、パリっとした食感と甘みと酸味のバランスが取れた味はファンの多いアイテムです。