イルミネーション:ARK HILLS WINTER 2017-2018

エリア拡大!光の反射や影によって立体的な輝きを放つ幻想的なイルミネーションを演出!

いつ見ても異なる表情を見せ魅惑的で幻想的でありながらも、地域の方々やコミュニティとの繋がりの中で創り上げられる、アークヒルズならではの温もりを感じさせるイルミネーションをお楽しみください。


クリスマスツリー (アーク・カラヤン広場)

アーク・カラヤン広場

アーク・カラヤン広場の中央に、"This little light of mine、I am going to let it shine"~心に灯った(神様から頂いた)この小さな光を輝かせよう、という英語圏の子供たちに歌われる唄をメインテーマに、アート集団「ミラーボーラー」がプロデュースする、高さ約7.5mのクリスマスツリーが登場。偏光フィルムで覆われたパーツを組み合わせて作られたツリーやオブジェは、アークヒルズ内にある会員制DIY工房「TechShop Tokyo」とコラボレーションで製作された、さまざまな模様にレーザーカットしたフィルムを使用しています。ツリーは内部に設置された約30個のミラーボールによって照らし出され、光の反射や影によって、色彩の層を構築し、立体的な輝きを作り出します。

また今年から新たな取り組みとして、アークヒルズエリアのオフィスワーカーや居住者などと一緒に、イルミネーションの一部を製作するワークショップも開催します。

正二十面体オブジェ (アーク・カラヤン広場 滝前)

滝前

アーク・カラヤン広場内の滝の前には、高さ約2mの、柄が刻まれた正二十面体オブジェが登場します。見る角度により色彩が変わり、正二十面体から放たれる色とりどりの光と影の神秘的な光景が広がります。正二十面体の周囲は、クリスマスツリーの周りと同じオブジェで彩り、シンプルながらも存在感を放つクリスマスオブジェです。
(※滝前のオブジェは2018年1月3日(水)まで点灯予定。)

水晶型オブジェ (アーク・カラヤン広場 コリドー/アークヒルズ サウスタワー)

コリドー

アークヒルズ アーク・カラヤン広場中央のコリドーには、光の絵柄がひとつひとつ異なる水晶型オブジェが置かれ、きらめきと温かみのあるライトが灯ります。オブジェの内部には、それぞれ異なる絵柄が施されたミラーが設置されており、合わせ鏡の仕組みでさまざまな角度の偏光フィルターから見える光が、水晶の中に無限の宇宙空間のような光の世界を創り出します。今年からは、隣接するアークヒルズ サウスタワーにもエリアを拡大してオブジェを設置します。

プロデュース:ミラーボーラー

グラフィックデザイナー、写真家、美術家、照明係などさまざまなジャンルのメンバーからなる、光と反射の空間作品が多方面で話題のアート集団。2000年より活動を始め、数多くのミラーボールを中心に創造される作品は、無数の反射と光を放つ神秘溢れる幻想的な空間を生み出す。最近の活動は、「宮沢賢治生誕120年 童話村ライトアップ」(岩手県花巻市)や「Burning Man」(ネバダ州 アメリカ)、「平城京天平祭」(奈良県奈良市)、「種子島宇宙芸術祭」など。

ページトップに戻る